いつまで愚かな采配を続けるのでしょうか。5位の中日ですら1点をもぎ取る野球ができるのに、ベイスターズは、走れない、進塁打を打てない、盗塁もできない、ホームランでしか点が取れない粗雑な野球が続いています。このような現状をラミレスはどう考えているのでしょうか。

守備軽視の選手起用は我慢の限界を超えています。巨人はゲレーロやビヤヌエバを同時にファームに落として調整させているのに、ラミレスはソトをスタメンから外すことすらできません。

宮崎、ソト、筒香、ロペスを並べても、たまに打つホームランでしか点が取れません。この際、ラミレスを解任して、当面の勝敗にこだわらず、選手の育成も考慮しつつ、新しい発想によるチームづくり、試合運びを観るほうが楽しいと思います。

私が考えるオーダーは、(選手の育成という面も含めて)、神里→宮崎→楠本→筒香→大和→ロペス→伊藤光→柴田(伊藤裕)→投手、です。これなら多様な攻撃が考えられます。

ソトは当然スタメンから外し代打要員です。梶谷や倉本も淡白なバッティングなので、先発起用は疑問です。打線のつながりを損ないます。いまだにあの夏の猛打が忘れられず、梶谷の起用にこだわるファンが多いのは不思議です。頭を切り替えましょう。


にほんブログ村