発想の転換2

 

昨日の阪神戦を見て感心することがありました。近本、糸原がバットを短く持ち、粘り強い打撃を見せたことです。これに対してベイスターズは、神里、伊藤、大和ですらバットを長く持ち振り回すバッティングです。主軸の打者も状況に応じたバッティングなど全く念頭にないようです。

 

早いカウントから打つというチーム方針を、相手投手に球数を投げさせる粘り強い打撃に転換すべきです。現時点では相手投手に多くの球数を投げさせているのは柴田と楠本ぐらいでしょうか。狙い球を絞り、きわどい球はカット→ファールで粘る技術を高めるべきです。これは主軸の打者も同様です。糸井や福留とベイスターズの主軸との違いを痛感しています。

 

とにかく、粗雑な野球→しつこい野球への転換が必要です。なお、近々、梶谷が昇格すると思いますが、スタメン固定はやめてもらいたいものです。短期的に結果を残すことはあるかもしれませんが、好調が長続きする打者ではなく、粗雑な打撃の代表選手です。おそらくラミレスはカンフル剤として先発起用するでしょうが、それは得点力不足の泥沼に陥るだけだと思います。

 

以上、私の大胆な発想転換でした。賛同者は少ないと思います。ブログに何を書いても意味はないと思いますが、私にとっては愚痴のはけ口です。


にほんブログ村