2015年のドラフト2位指名の熊原が低迷を続けています。この年の1位指名は今永でしたが、もしかしたら今永よりも優れた投手で、2位指名でとれたのが幸運という声もありました。独特のダイナミックなフォームから150キロ前後の力のある球を投げるので、ベイスターズには少ないタイプの投手で私も期待していましたが、さっぱり結果が出ません。気がついたら早いもので4年目になります

 

先発で投げたり中継ぎで使われたり、投球フォームを矯正したりと、いろいろ苦労しているようですが、このままでは何年か後には戦力外になってしまうかも知れません。いまでも潜在的な能力は捨てきれないと思っているファンが多いと思いますが、何が足りないのか、何を変えれば良いのか分かりません。

 

長い間伸び悩んでいる国吉とイメージが被る気がしますが、何かのきっかけで覚醒するかもしれないという期待感をいつまで持ち続けられるか、今シーズンあたりが一つの節目になるかも知れません。

市場調査・分析、物件調査結果、エリア特性、マーケット動向・経済動向などを徹底分析し、あなたの不動産の適正価格を算出!
厳格な加盟審査をクリアした優良リフォーム会社の中から最大5社のリフォーム見積もりをとることができます
記憶に残るあのヒット曲も、人気の新譜も聴き放題(初月無料、以後定額制)


にほんブログ村