ラミレス監督が、来季も捕手は2人体制にするというコメントを出しました。捕手を一人減らすことにより内外野の野手を1人増やし、攻撃的な野球を目指すとのことです。そもそも、この時期に、このような発言をする意味があるのかどうか分かりませんが、捕手陣の競争意識を高めることが狙いかもしれません。

 

いずれにしても、二人体制か三人体制かは一長一短だと思いますが、私は今のベイスターズは三人体制が相応しいと考えています。

 

捕手二人体制で内外野の野手を充実し攻撃力を高めるといっても、その期待に応えられる野手が存在するのかどうか疑問です。代打の一番手が打率0.230の佐野ですから。伊藤裕が活躍し、細川が成長するなどにより野手陣の層が厚くなることが捕手二人体制の前提条件だと思います。

 

捕手三人体制の場合、伊藤光、嶺井、戸柱はドングリの背比べで、確かに三人も必要ありません。三人体制にすれば代打や代走を送りやすくなることは事実ですが、前述したように、現時点では控え野手の層が薄いのが難点です。

 

それでも私が捕手三人体制を支持するのは、伊藤光、嶺井、戸柱の中から2人と山本祐大を含めた3人をイメージしているからです。伊藤光や嶺井、戸柱に伸びしろは感じられません。とすれば、将来のベイスターズの要となる捕手を若手の中から育てる必要があります(益子も含めて)。せめてシーズンの序盤戦ぐらいは時折、山本祐に出場機会を与えるなど、長期投資的な発想があってもよいと思っています。

契約農家が安心・安全な旬の野菜や果物を厳選してお届けします
"ベストフードショップ賞4年連続受賞!北海道のカニ、いくら、ホタテの通販といえば、最北の海鮮市場"


にほんブログ村