崖っぷちの選手のその2は内野手の倉本です。ドラフト3巡目の指名で入団しましたが、即戦力投手を優先していたので野手としては期待の星でした。ちなみにこの年のドラフト一巡目は山﨑康、二巡目は石田でした。

ルーキーの年は結果が出ませんでしたが二年目は0.300近くの打率を残し、さらなる飛躍が期待されました。しかしながら、その後は目立った結果を残せず、大和のFA加入もありショートが定位置ではなくなりセカンドを守ることが増えました。さらに言えば、柴田との競争やソトのセカンド起用もあり、レギュラーの座が奪われてしまいました。

3割近くの打率を残した実績があるのに、なぜ低迷を続けているのでしょうか。これは私の推測ですが、倉本自身が弱点を意識するあまり、自分のバッティングを見失ってしまったのではないでしょうか。

脚が遅くバントも苦手なので1番や2番に起用されることは殆どありません。もちろんクリーンナップに座る器ではありありません。溜まった走者を一掃する長打力も期待できません。結局、奇策ともいえる9番が定位置になりましたが、それも長続きしませんでした。大和や柴田に比べて守備面での不安もあります。さらに今年のドラフト2巡目の指名で伊藤裕が、そしてジャイアンツを戦力外となった中井も入団しました。

来シーズンは、まさに崖っぷちの一年になりそうです。ドラフト一位指名の白崎がトレードに出される厳しい世界です。ファームの松尾大河が成長すれば状況は更に厳しくなります。活路を見出すとすればバッティング面しかないと思いますが、キャリアハイの結果が求められると思います。


横浜DeNAベイスターズランキング>

にほんブログ村