ベイスターズへの期待と不満

熱烈なベイスターズファンです。期待と不満について率直な感想を書いています。

その日暮らしの采配

それにしてもラミレスの選手起用は意味不明ですね。

なぜセカンドが中井なのでしょうか。左右病?少なくとも1か月ぐらいはセカンド柴田で固定するという辛抱強さはないのでしょうか。中井は時々ヒットを打つことはありますが、所詮戦力外です。今後のベイスターズのチームづくりとは無縁の人材です。育てるべき選手は根気よく使うという采配を期待したいものです。

DH制なのに、なぜソトがライトを守るのでしょうか。確かに筒香の守備もお粗末ですがソトよりはマシです。当然、DHはソトに固定するという采配にすべきでしょう。

ソトをライトに起用したあおりを食ったのが楠本です。不慣れなレフトを守ることになりました。育てるべき選手をこのような使い方で良いのでしょうか。

なぜ捕手が嶺井なのでしょうか。初戦の活躍は評価されていないのでしょうか。正捕手伊藤光ではなく嶺井を起用した合理的な理由が不明です。平良との相性?

たとえ今季限りのラミレスでも、将来を見据えて、もう少し腰の据わった采配を期待したいものです。

 
にほんブログ村


筒香への不満

このまえの記事でも同じようなことを書きましたが、打てないことが分かり切っている高めの速球に毎度毎度手を出して、ファールでカウントを稼がれ打ち取られる。これではメジャーに行っても通用しないですね。打率は3割でホームランもそれなりに打っていますが、得点圏で凡打が多いのも不満です。

 

それだけでなく緩慢な守備と走塁も不満です。外野手の頭を超すヒットがシングルヒットというのは残念です。強い当たりのフェンス直撃はやむを得ませんが、常に全力疾走で先の塁を狙う意識が感じられません。

 

筒香はキャプテンです。性格面では人に慕われる好男子だと思います。ほかに適任者がいないためのキャプテンかも知れませんが、キャプテンというものは後進に手本を示す存在であってほしいと思っています。その意味ではキャプテンとしての筒香には守備や走塁などについて意識改革を期待したいですね。

 

 
にほんブログ村

情けない4番・筒香

おそらく人間的には好男子だと思いますが、4番打者としての最近の筒後には失望しています。打撃以前の問題として守備や送球がお粗末です。ベテランの福留や長距離砲の外国人ゲレーロなどのファイトあるプレーと比較すると腹がたちます。

 

打撃についても、昨年の得点圏打率が0.237、今年も現時点で0.237です。メンタルの問題かも知れませんが、チャンスで打ってこその4番打者です。そもそも高めの力のあるストレートを振ってファールになりカウントを稼がれて、最後は見逃しや空振りの三振に打ち取られるのが最近のパターンです。

 

いったい、いつまで高めのストレートに手を出すのでしょうか。自分が半速球のストレートや変化球を得意とするローボールヒッターであることはハッキリしているのに、まったく改善が見られないのは情けない思いです。

 

毎年フォームを変えて課題に取り組む姿勢は評価できますが、それ以前の問題として早いカウントでは苦手な高めのストレートにつられない選球眼を身に着けてもらいたいと思っています。守備、走塁がお粗末なうえ、力のあるストレートで打ちとられるような打撃では、メジャー挑戦など夢のまた夢です。4番打者としての自覚と奮起を期待しています。

 

 
にほんブログ村

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ