ベイスターズへの期待と不満

熱烈なベイスターズファンです。期待と不満について率直な感想を書いています。

2017年のドラフトで、ベイスターズの隠し玉と言われていたのがドラフト7位指名の宮本秀明選手です。秀岳館高校では松尾大河選手と三遊間を組んだ経験があります。

 

スカウトの評価は「未完成ながら走攻守3拍子で高い能力を備えた選手。強肩で内野も外野も守れる守備力と高い走力に期待。実践的な能力と打撃に成長があれば楽しみな選手」とのことでした。

 

確かにセールスポイントは脚と肩で、50mのタイムは6.0秒、遠投は95mで、プロとしても十分に通用するレベルにあります。課題は打撃面ですが、今年のファームでは打率0.290、本塁打3本で、ルーキーとしてはマズマズの成績を残しました。現在行われているウインターリーグでは打率0.400超と大活躍です。ウインターリーグのレベルが分かりませんが、日本人選手の中では、かなり上位の成績です。

 

チーム内の競争は厳しいと思いますが、内野も外野も守れるユーティリティプレイヤーなので打撃面の成長がみられれば、一軍のベンチから外せない存在になると期待しています。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

今年も巨人が大金をつぎ込んで有力な選手をかき集めています。丸、炭谷、岩隈、中島、新外国人などです。毎年同じことを繰り返していますが結果は伴わず、チームとしての魅力も薄れているような気がします。何しろ多国籍軍みたいなチームですから。

 

これだけ有力選手を集めれば誰が監督になってもリーグ制覇は必然だと思うのですが、アンチ巨人としては、来シーズンの巨人も低迷が続く方が球界全体のためになるのではないかとすら考えてしまいます。マネーゲームには参加しない横浜や、育成重視の広島のほうが好感を持てます。

 

FA制度は一応確立しており、球団も選手もルールに従っているので単純に否定はできませんが、釈然としない面もあります。複数年契約の選手が人的補償で移籍した場合の契約上の扱い、人的補償で移籍した選手がFAを行使して出戻るケース(脇谷選手、巨人→西武→巨人)、FAで移籍したのち人的補償で移籍するケース(江藤選手、広島→巨人→西武)、人的補償で移籍したベテラン選手が直ちに引退を宣言するケース(未だ事例はありませんが)などです。

 

いずれにしても金満球団のやりたい放題のFA制度は釈然としません。色々と課題はあると思いますが、①FAでの選手獲得は年に1人まで、②人的補償のほかにドラフト指名権の移譲も選択肢とする、③過去にFAで獲得した選手はプロテクトを義務付ける、④人的補償で移籍した選手は短期間でのFA行使を制限するなど、かなり乱暴な意見ですが少しは議論があっても良いのではないかと思っています。にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

2018年ルーキーの捕手・山本祐大への期待感が急速に高まっているように思えます。期待感の源はセリーグでも屈指の強肩です。強肩といえばソフトバンクの甲斐選手が代表格で、その盗塁阻止率は0.447です。セリーグでは阪神の梅野が最高ですが、それでも0.340です。

 

山本祐大はルーキーで、今年は専らファーム暮らしでしたが盗塁阻止率は0.400を超えており、今後の目標は0.500とのことです。ちなみに嶺井は0.243に過ぎません。

 

強肩だけでなく打撃についてもスイングスピードは一軍レベルと言われており、たった一打席だけの一軍の舞台でホームランを打つなど、何かを持っているような選手としての雰囲気があります。

 

ドングリーズと言われる捕手陣の中でも将来性への期待感は最も高く、いずれは正捕手としての座をつかんでもらいたいと思っています。ただし、肩の強さでは今年のドラフトで指名された益子も優れており、両者がライバルとして切磋琢磨を重ねてもらいたいものです。


にほんブログ村

↑このページのトップヘ